新設「小学生 文法だけプレコース」のご案内

NEWS 不安を解消! 英語のルールを身につければ会話習得がスムーズに。

 「小学生 文法だけプレコース」

小学校の英語授業はどんな感じ?

小学校の英語の授業が「教科」として導入され始めました。学校の授業はいわゆる「聞いて繰り返し言う」ことが主流のようで、文法的な説明はあまりないそうです。結果、先んじて英会話を習っているお子さん以外は「何を言っているのか、自分がどんな文章を繰り返し言っているのかわからない」ということが多いそうです。あすなろでも新規の方からよくその趣旨のご相談を受けます。

小学生に文法は必要か不要か。

では、小学生には文法の学習は不要なのでしょうか? 私は必要だと思います。小学校に上がる頃の子どもの日本語力は大人が思っているより高いです。平易な言葉で説明すれば理解できますし、理屈が分かればその方が第二言語の習得は早いです。子どもが嫌がるのは「訳がわからないこと」であって、理由を知りたいと思っているものです。低学年のお子さんが何かにつけて「なんで? どうして?」と聞くことが多いのもそのためです。ゲームだってルールを理解していないと全然楽しくありませんよね。ルールが分かれば間違えても自分で軌道修正できます。その「ルール」が英語学習では「文法なのです。英語が楽しいと思うには、このルールを身につけることが大切です。高学年になるとこのルールの効能はもっと高まります。学年が上がるにつれ日本語力がグングン上がってきますから、ますます高度なルールを理解でき、英語ももっと楽しくなってきます。
あすなろの講師は20年間小学生に文法を教え、その結果多くの英語話者を育成してきました。
とはいえ、小学生の皆さんに文法を教えることは、ある意味、中学、高校生よりも難しいです。生徒の皆さんのその時その時の日本語力をフルに生かしながら最大限の理解を得られるよう説明するには、技術と経験が必要だからです。しかし、あすなろの講師は一貫して高い習得率を確保しています。

会話レッスンに入る前にある程度の英語力を。

会話レッスンにいきなり入っても、言われたことが全く分からなければ、お子さん達は余計に英語学習の意欲をなくしてしまいます。ネイティブ講師に出会う前にある程度の知識があれば、例え全て分からなくても「あ、今のは分かった!」という気持ちの方が大きくなり、「もっと分かりたい」に繋がります。
そこであすなろでは、会話レッスンの導入前に1カ月~3カ月の文法習得期間を設け、週2回~3回の授業で先に「ゲームのルール」を身につけます。会話の講師に出会う頃には英語の文章が少し分かるように。会話習得も加速します。
  • 対象/小学生
    • 期間/1カ月〜3カ月(延長もできます)
    • コース/週3回コース・週2回コース新型コロナウイルスや悪天候等の影響によりオンライン授業になる場合があります。
    • 授業/1回30分、文法のみ
    • 授業料/1回につき1,500円(税抜)新規ご入会の場合は入会金/10,000円(税抜)詳しくは→授業料のご案内
    +++入学随時受付中! 無料カウンセリングいたします。お電話またはメールにてお問い合わせください+++
    TEL0797-35-1113
    *生徒さんたちの感想もご一読ください→ みんなの声 What’s up?

    コメントは受け付けていません。