土曜コラム第8回:ウラニアさんとあすなろ学院生との交流記録(1)日本語訳

[海外リポート]みんなの声 What’s up?

あすなろ学院生とプラハで活躍するピアニスト・ウラニアさんとの交流をご紹介するコラム。第1回のウラニアさんの返信を日本語に訳しました。

英語原文はこちら→ウラニアさんとあすなろ学院生の交流記録(1)

中学生コースどんな曲がお得意ですか?私はエレクトーンを弾くのですが、「A列車で行こう」が大好きです。


Ourania 

Y、質問をありがとう。これはとっても答えるのが難しいですね。なぜなら、ある一つの曲を完全に満足できるほどに弾けるということが困難だからです。毎回、「もう少しマシに弾けたんじゃないかな」と思ってしまいます。これは決して終わりのないプロセスで、いつも何かもっとやるべきことが残るのです。でも、1曲だけ、私が練習が楽しくて演奏することを心から楽しめる曲があります。最近、私はチェコの作曲家、Lubos Fiserのソナタ全曲を弾いたのですが、本当に素晴らしかったです。彼は9曲のソナタを書きました。彼はつい最近、1999年に亡くなりました。彼はチェコではよく知られており、特に映画音楽で有名でした。

ジャズも弾きますよ。YouTubeに友達と演奏したジャズの即興をUPしてます。
“Take the A train”は私が幼い頃に初めて聴いた曲で、今でもその時私がどう感じたか覚えています。まるでこんな感じの曲に恋してしまったかのような気持ちでした。父がデューク エリントンの古いレコードを持っていて、毎日何度も何度も聴いたものです。

あなたに幸運がたくさん訪れますように。そして音楽を続けてね。あなたは自分で音楽を演奏できるんだからとてもラッキーなのよ。

コメントは受け付けていません。