土曜コラム第4回:M.Tさんのシンガポールでの経験

[report]みんなの声 What’s up?

中学1年生のM.Tさんの作文です。あすなろの小学生クラスで勉強した後、シンガポールで3年間過ごし、この度帰ってきました。現在、中1アドバンスクラスに在籍中です。シンガポールで彼女が感じた事、学んだ事を英語と日本語で書いてくれました。ネイティブの校正は施していません。


My experience in Singapore

written by M.T.

I lived in Singapore for 3 years, since I was primary 4. I went to Japanese primary school there.

There are Chinese Singaporean, Malay Singaporean, Indian Singaporean and so on. All are same Singaporean, but they have different cultures. In Japan, I’ve never thought about “cross-cultural understanding”, but in Singapore, I noticed how cross-cultural understanding is important. Japanese school had school exchange program with local school every year. It was once a year and it’s one of my best memories. In that program, we visit school each other. I was very surprised in first program, because local school’s students were sitting cross-legged on the floor. In Japanese primary school, students sit on the floor with “Taiiku-zuwari”. I thought that is one of the differences about customs. And local school has a cafeteria. Students buy their foods there, and eat as they like. Most of Japanese primary school don’t have cafeteria, because they have school lunch. Singaporean don’t cook often at home. I think they don’t mind about beautiful appearance like Japanese lunch box.

There are many differences about culture in daily life, too. Some people don’t eat pork and other people don’t eat beef, because of their religions. So, in local supermarket, pork and other meats were sold separately. And some people goes on a fast for a month, because of their religion, too. Not only difference of meal, there is difference of clothes. If you get on the train there, you can find many kinds of clothes. Chinese Singaporean wear T-shirt and short pants, Malay Singaporean women clothes that hide their skin because of their religion, and Indian Singaporean women wear gorgeous Indian clothes. I thought it is very interesting because that is usual scene in Singapore. Like this, I learned how important to understand and respect different cultures. Before I live in Singapore, I saw different cultures comparing with Japanese culture. But I saw many different cultures in Singapore and I thought I can’t communicate well with people in all over the world if I don’t understand different cultures. In Singapore, they are understanding different cultures each other and living together. So, it will become better world if relationship like Singaporean spread in the world. I had a lot of valuable experience in Singapore for 3 years. So I want to make use of my experience in the future.


シンガポールでの経験

執筆:M.T. 

私は小学4年生の時から約3年間、シンガポールで過ごしました。現地では、日本人小学校に通っていました。

シンガポール人には、大きくわけて中華系、マレー系、インド系等の人がいます。皆同じシンガポール人ですが、文化には違いがあります。日本ではあまり感じることができなかった「異文化理解」。シンガポールでは、その大切さに気が付きました。

私の通っていた小学校で毎年行われていた、ローカル校との学校交流。年に1度のその行事は、私にとってとても心に残っていることの1つです。その交流では、おたがいの学校を訪問し合います。そして、初めての交流の時、私はとてもおどろきました。ローカル校の生徒達は、床に座る時にあぐらをかいていたのです。日本の小学校では、ほとんど「体育座り」をします。それは1つの習慣の違いだと感じました。他にも、相手校にはカフェテリアがあり、生徒達はそこで食べるものを買い、自由に食べていました。日本では、少なくとも小学校で自分で昼食を買うことはほとんどないでしょう。シンガポール人は、食事は家であまり作らず、お弁当を作ったとしても簡単なもので、日本人のように美しい見た目を重視する人は少ないと思います。

 文化の違いは、日常生活の中でもたくさんあります。宗教上の都合で豚肉を食べない人、牛肉を食べない人もいます。そのため、ローカルの人が通うスーパーの多くでは、他の肉などが売られているコーナーと豚肉が売られているコーナーは別になっています。年に1カ月ほど、宗教上断食する人もいます。「食」以外の点では、服装の違いもあります。例えば、公共交通機関である地下鉄で周りの人を見わたすと、服装が様々であることに気が付きます。中華系シンガポール人はTシャツと短いズボンというカジュアルな服装。マレー系シンガポール人女性は宗教上の都合で肌をかくした服装、インド系シンガポール人女性の多くはきらびやかなインドの衣装を身につけています。私はその光景があたりまえであることが面白いと感じました。このように、私はシンガポールで異文化を理解し尊重し合うことの大切さを学びました。それまで、私は日本の文化を基準にして物事をとらえてしまっていました。しかし、シンガポールで様々な文化や習慣にふれることによって、その考えをしていては自分と異なる文化を持つ世界の人々とわかり合えないのではないかと気が付きました。シンガポールでは、文化の違いがあっても、同じシンガポール人として上手く関わり合って生活しているので、そのような関係が世界に広がっていくことで、よりよい世界になると考えました。日本では経験することのできないたくさんのことを知ることができ、とても貴重な3年間になりました。この経験を、将来に活かしていきたいです。

コメントは受け付けていません。